2016年12月08日

原爆たたきつけるような力で選挙を」長崎県

長崎県議会の前議長の宮内雪夫県議(80)=自民=が同県知事選の応援演説で「原爆や水爆をたたきつけるような力で選挙を決めてほしい」と発言していたことがわかった. 宮内氏は24日、会見を開き、「言葉の弾み. 注意が足りなかった」と釈明し、「被爆者や県民に多大なご迷惑をかけ、深くおわびする」と謝罪した. 宮内氏が発言したのは23日夜、同県佐世保市であった自民党が推薦する現職の個人演説会. 「(新顔を擁立した)共産党に対して一撃、二撃、三撃、もうこれ以上立ち上がることができないような、ドカーンと原爆や水爆をたたきつけるような力で選挙を決定していただきたい」と話した. 佐世保市を含む県北部の振興に現職が演説でほとんど触れなかったため、支持者を奮い立たせようと極端な表現を使ったという. 宮内氏は会見で「強力な、ということの例えとして原水爆を持ち出した」と説明した. 長崎被爆地域拡大協議会(峰松巳会長)は24日、県議会と自民党長崎県連に宮内氏の謝罪と辞任を求める意見書を出した. リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産越由』エン 山本誠一事務局長(78)は「被爆者への冒瀆(ぼうとく)だ. 失言の域を超えている」. バスケットシューズ 共産党県委員会も「原爆犠牲者や被爆者への許し難い暴言で、県議の資質に関わる問題だ」とコメントを出した.
posted by KurodaNao at 11:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください