2016年11月04日

ドコモ、iPhone効果で回復傾向 10

携帯大手3社が8日、10月の携帯電話契約数を発表した. NTTドコモは、9月に米アップルのiPhoneを導入した効果が徐々に出始めた. 番号持ち運び制度(MNP)を使った他社への契約者の流出は続いたが、流出超過数は9万3100件で、8カ月ぶりに10万件を下回った. 新規契約から解約を引いた純増数は3万7100件で、過去最大の純減(6万6800の減少)だった9月からは回復した. キャッスルヴァニア』最新作のTV ナイキ エアジョーダン MNPでKDDI(au)が1位、純増数でソフトバンクが1位という、全体の構図は変わらなかった. ただ、ドコモの復調のあおりを受け、auは純増数を、ソフトバンクはMNPを、前月より大きく減らした.
posted by KurodaNao at 09:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください