2016年11月02日

基地返還「負担軽減に努力」 外相、沖縄知

玄葉光一郎外相は24日、沖縄県庁で仲井真弘多(ひろかず)知事と会談し、米軍嘉手納基地以南の施設返還について「可能な限り、早期に負担軽減が図れるよう努力したい」と語った. 「在沖海兵隊の国外移転後、施設や区域の統合があり、複雑なプロセスになる. 県側も協力してほしい」とも述べた. 北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイルの発射予告については、2009年のミサイル発射時を参考に対応すると説明. 「万が一のことがないよう万全を期したい」と語り、沖縄県と周辺海域へのイージス艦や地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)配備に理解を求めた. 知事は「防衛上、打つ手をきちっと打っていただければ(いい)」と応じ、政府の配備案を受け入れる考えを示した. 知事は米軍普天間飛行場に配備される新型輸送機「MV22オスプレイ」について「開発過程でトラブルがいっぱいあった. ovroljoten エアジョーダン 私も『大丈夫か』というのが正直ある」と懸念を示した.

posted by KurodaNao at 18:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください