2016年07月26日

電撃PlayStation】社会人にだっ

いきなりですが、日々の生活にうるおいって必要だと思うんですよ. 若干うるおい不足の電撃PlayStation編集部とっきーと申します. 心にトキメキがあるってすばらしいことじゃないですか. リア充上等! でも、萌えがあればリアルじゃなくたって充実できます. 2次元はそれをボクらに教えてくれる. AR充? ヴァーチャル充? そんなわけで、嫁の生温かい視線と辛辣なコメントをまったく無視しながら、PS3の『ToHeart2 DX PLUS』をプレイ中です! PS2版~PC版~PSP版と、ボーナスディスクやアナザーエピソードを交じえながら発売してきた『ToHeart2』が、ついにHDの世界に登場ですよ. 彼女たち(というか小牧愛佳さん)もいろんな意味で成長しているのだなぁ、と感慨深い. 当時の自分のハマりっぷりに関しては、あまりに恥ずかしい歴史なので割愛させてください. 『ToHeart2 DX PLUS』ですが、「以前プレイしたゲームだからな~」なんてあなどるなかれ. これね、スゴイですよ. なにがスゴイって"デカい". もちろん、プレイするみなさんすべてが大きいTVを使っているわけではないと思いますが、ぜひ大きいTVでもプレイしていただきたい. 比較対象にPSPと一緒に撮影してみました. HD画質の威力はさすがのひと言. そしてさらにスゴイのが"動く". ちょー動く、ほんと動く. ゲーム雑誌の編集がいまさら騒いだらいけないんですケド、『モーションポートレート』ってスゴイね! とくに自分のお気に入りのキャラクターが動きまくると、ちょーテンション上がりますね! 自分が2次元に行こうとしたけれど、2次元のほうから来てくれたって感じです. やっぱり彼女たち(というか小牧愛佳さん)は生きてますよね、うん. だって胸が上下してたもん. 呼吸してたってことだもの. リボンだって髪だって動いてたもん. ナイキ Air Max 気のせいだとは言わせない! ... すみません、取り乱しました. 放射能汚染水を放出可能な水準に 東芝が新 胸のあたりがゆっくり上下してたりするんですよ、これが. この画面を出したまま15分くらい眺めていたのはナイショ. Windows版で発売された『愛佳でいくの! ! 』のコンテンツ『まななつ』(発売当時、愛佳さんのがライトニングさんより百倍モデリングすげぇですよ! と熱く語ったら、本気であきれられました)が入っていないことだけは個人的に寂しい限りなのですが、本編には新キャラクターも追加されているうえに、『Another Days』の各シナリオも入っておりボリューム満点. さらに初回限定版には、これでもかっていうくらい分厚い画集が付いてますが、自分が必死になって集めたイラストがてんこ盛りで入ってました. 「当時はこのためにCDとか何枚も買ったのに! 」とか、感慨(!?)もひとしおです. 一番はじめの『ToHeart2』から、かなりの時間が経ちましたが、あらためてプレイすると新しい発見だったり、当時のわくわくドキドキが蘇ります. 当時ハマっていた人は、「もう美少女ゲームなんて卒業したぜ」と言わず、ぜひともプレイしてみてくださいませ. 個人的オススメです.
posted by KurodaNao at 16:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください